幼い頃からむし歯の予防に取り組み歯を大切にしましょう。

小児歯科とは、お子さんの成長段階にある歯科治療を行います。乳幼児から中学生くらいまでむし歯の治療、歯みがき指導やフッ素塗布などむし歯予防のための定期検査などの予防歯科も手掛けます。
定期的に通っていただき、健康な歯の維持を保っていただきます。
また、永久歯に生えかわって小学生高学年から歯並びも気になってくるかと思います。
小児矯正の相談も承っておりますのでお気軽にご相談ください。

診療内容

炎症が進み、骨の吸収が進んでいる

フッ素塗布

フッ素を塗布すると歯質が強化されるとともに、むし歯菌の活動を抑える働きがあります。3歳ごろまでの生え始めの歯はむし歯になりやすいので、親御さんのご希望に合わせて塗布させていただきます。ご希望の場合はスタッフまでご相談ください。

シーラント

永久歯に生え変わったばかりの奥歯などがむし歯にならないように、フッ素成分が配合された「レジン」を奥歯の溝に埋めてガードします。特に6歳臼歯(=第一大臼歯)は、みがきにくい場所にあり、溝が深く、汚れがたまりやすいことから、シーラントの処置を行うことがよくあります。

ブラッシング指導

まだ小さなお子さんは保護者のかたの仕上げみがきが大切です。痛いとか不快だと感じると、歯みがき自体が嫌いになってしまうので、楽しい時間になるよう心がけましょう。乳歯が抜け、永久歯と入り混じった混合歯列期に入ると、お子さんへの指導が中心になります。

もっと早くに知っておきたかった・・・

今しかできない子どもの歯列矯正があります

矯正治療の正しい知識がないことで、あとで後悔したくない、そう思われる親御様のために大切な情報をお伝えします.

せっかく生えた永久歯を抜かないといけなくなった・・・
金属の矯正器具が痛い・・・

これはある歯科医院で「もう少し時期を待ちましょう」と言われ、12歳くらいから矯正治療を開始したご家族の典型的な悩みです。しかし、歯が綺麗に並ぶか、ガタガタなるかは、実は5~8歳でわかります。

お子さんの歯を今すぐご確認ください

5歳から8歳で、下の前歯の生え変わりでこうなっていると注意が必要です。

今現在、こうした歯並びになっていると、将来の永久歯の歯並びはガタガタになってしまいます。

今すぐのご相談をお勧めします。

なぜなら、歯が並ぶかどうかは、アゴの骨の成長の問題だからです。アゴの骨の成長は、9~10歳で決まってしまいます。つまり、その年齢を過ぎると自然と歯並びが良くなることはなく、より矯正治療が大変になってしまいます。

小児歯科

大人の歯に生え変わってから矯正治療を始めると永久歯を抜歯する必要が発生してしまいます。

後悔の理由➁

金属の器具は痛みやすいです。しかも目立つのでコンプレックスにならないかと心配されます。

小児矯正治療よくあるご質問

治療期間はどれくらいですか?
治療に前向きに、協力的であれば平均2年です。


まだ永久歯があまり生えていませんが、治療には早いでしょうか?
むしろ早ければ早いほどいいです。

治療の最適な年齢は5~8歳ですが、その年齢で永久歯がたくさん生えている子は少ないです。永久歯に生え揃ってからでは治療は難しくなってしまうことも多いため、早めの矯正治療をしましょう。

吾輩は猫である。名前はまだない。どこで生れたか頓と見当がつかぬ。何でも薄暗いじめじめした所でニャーニャー泣いていた事だけは記憶している。

10歳以降で治療を始める場合とでどんな違いがあるのですか?

 

8歳までに矯正治療を始めるメリット10歳以降での治療期間のデメリット
装置の目立ちやすさ

目立ちにくい

拡大床

多くの歯科医院では
目立つ金具を使用

当院では透明なマウスピース
矯正インビザライン」も使用

傷みほとんどしない痛みやすい
永久歯の抜歯基本しない40~60%で必要
治療費約35万~40万円(税抜)約65万~80万円(税別)
治癒機関1年半から2年間2~4年
むし歯の心配食べるときは取り外せるので影響はないワイヤーと歯の間に挟まったりしてたべづらく、危険
日常生活への影響ほとんどない痛みがあるため、食事や勉強に集中できない。
装置の出つ張りで口の中をきったり怪我をするリスクもある

親御さんがお子様にしてあげられるものは多くありません。キレイな歯並びといいお顔つきは、お子様への数少ない一生もののプレゼントです。子どもに負担の少ない矯正治療はできる年齢が限られています。その年齢が過ぎてしまい、後悔することがないようにまずはお気軽にご相談ください。